走る旅人の神ブログ

走る旅人×ランニングコーチ×飲食店オーナーのブログです

地球につながる夏至の体験⑤⑥

靴を履くことで、靴底の絶縁体によって地球と離れてしまった人間。

アーシングという健康法が注目される理由とは?

日本にアーシングを持ってきた人と言っても過言ではない、

エハン・デラヴィさんのお話から学んだこと、

アーシングで実際に私が体感した変化をお伝えします。

 

 

前回からの続き

 

 

第5話「だから今こそアーシング」

夏至の日に裸足で2時間~3時間ぐらいの時間を、

芝生の上で過ごしてみました。

 

とにかく、

右腕が激しい筋肉痛だったんです。

 

他にも筋肉痛あったんですが、

右腕は今(6/23)でも痛みがあります。

 

でも、アーシングをしている時は、

この痛みが不思議となくなったんですよね。

 

別にストレッチしたわけでも、

ウォーミングアップして、

身体を動かしたわけでもありません。

 

アーシング大使のエハン・デラヴィさん曰く、

「アーシングは炎症を抑える効果がある」そうです。

(エハンさんについてはまた詳しく書きます)

 

炎症を抑えるということは、

腫れがひいて、

痛みが緩和されるわけです。

 

だから、

筋肉痛も楽になって、

身体が軽く動くようになります。

 

私の身体は実際にそうなったんですよね。

 

とにかく、

筋肉痛の痛みがなくなって、

身体が軽く動くんです。

 

これは私だけの体感ではなくて、 

多くの人が体感する経験なんですよね。

 

 

 

第6話「無料で身体の状態が良くなると困る」

f:id:ryoyoshida:20180624174222j:plain

マグネシウムで糖尿病が治れば、

インシュリン利権がなくなります。

 

水素水で洗濯物が綺麗になってしまうと、

洗剤が売れなくなっちゃいます。

 

 

アーシングでみんなが健康になっちゃったら、

困る人はたくさんいます。

 

アーシングなんて無料ですからね。

 

基本的に社会に広まっていくものって、

中毒性があって、

身体に悪くて、

利権にできるものですから。

 

みんなが毎日1日30分、

裸足で土の上か芝生の上で過ごせば、

えらいことになっちゃうってことです。

 

子どもも大人も誰もが裸足で過ごす時間を増やしてみる。

地面に触れる時間を増やしてみる。

帯電した状態をクリアにしてみる。

絶縁状態からつながりのある状態に戻ってみる。

 

そしたら、

そりゃ~身体の状態まともになりますよね。 

 

 

つづく

私がオーナーを務めるオーガニックとグルテンフリーの飲食店@奈良

skunkroll.wixsite.com