走る旅人の神ブログ

走る旅人×ランニングコーチ×食事コンサルタントのブログです

なぜお腹が空くのか?実は「腹減った」は勘違いだった~ダイエットを成功に導く食事法~

勘違いダイエットメソッド

勘違いで痩せる!

どうせ世の中の常識は全部、勘違い。

それなら都合のいいように勘違いしちゃいましょう!

 

 

メンタ「久しぶりの登場ですね」

 

ポチャ子「メンタさん、初めまして」

 

メンタ「いきなり新キャラ登場ですか。どうも、初めまして」

 

ポチャ子「わたし痩せたくて、痩せたくて、ダイエットをもう本当に一生懸命、自分なりに頑張っているんですけど、全然痩せなくて困っているんです。」

 

メンタ「それは困りましたね。」

 

ポチャ子「そう。だから、なにかいいアドバイスをしてください。」

 

メンタ「必ず痩せるためのダイエットメソッドはやってみましたか?」

 

ポチャ子「まぁ、やってみたんだけど、うまくいかなくて。だって、どうしてもお腹が空いて、たくさん食べちゃうんです。頑張って運動しても、その分お腹が空いて食べちゃって、むしろ逆効果になってる気すらしてきて、私なにやってんだろ・・・って思うとまたクリームパンを食べていたり・・・あぁ、可哀相な私。こんなに頑張っているのにまったく報われない・・・」

 

メンタ「なるほど~。運動するとお腹が空くんですか?」

 

ポチャ子「そうなんです。運動するとお腹が空いて、食べたくなっちゃうんです。」

 

メンタ「ポチャ子さん、運動してもお腹は空かないんですよ。」

 

ポチャ子「そんな!ウソよ!だって、ポチャ子はお腹すくもん!!」

 

メンタ「ポチャ子さん、そもそも【お腹が空く】というのも、勘違いなんですよ。」

 

ポチャ子「か・・・勘違い!?でも、実際にお腹が空いたと感じているし、お腹だってグぅ~と恥ずかしい音を立てているわ!」

 

メンタ「いえいえ。お腹はそもそも空いたりしません。」

 

ポチャ子「は?それならなんなの?この空腹感は一体何?」

 

メンタ「それは脳みそがそう感じているだけです。」

 

ポチャ子「脳みそが??」

 

メンタ「そうです。お腹が減ったと感じているのはお腹ではなくて、脳ミソです。」

 

ポチャ子「でも、でもでもでも!お腹が空いた時、グぅ~ってなるじゃない!」

 

メンタ「それは胃や腸にあったものが移動して、胃や腸の中の空気やガスが動いてなっているだけです。」(そうだと考えられています)

 

ポチャ子「そ・・・そんな。でも、でもでもでも!脳みそが空腹を感じているからといって、なにも問題は解決していないじゃない!!」

 

メンタ「確かにそうですね。ただ、食事をちゃんととっているのにお腹が空く理由は、エネルギーを消費したからとか、代謝の問題とかはただの勘違いだということを知ってもらいたかったんです。そうしないと話が前に進みませんからね。」

 

ポチャ子「運動してもお腹は空かないってこと・・・もうポチャ子わからない!!」

 

メンタ「(この人、けっこうめんどくさいキャラだな~)お腹が空くのに運動はそれほど関係ありません。お腹の中が例え空っぽになったとしても、お腹は空かないんです。」

 

ポチャ子「でも、何かを食べたくなるという食欲は人間の欲求としてあるでしょ?」

 

メンタ「そう、その食欲が厄介なんです。食欲とエネルギーや栄養を欲するのとはイコールではないんですよ。」

 

ポチャ子「つまり、【お腹が空く=なにかが食べたい=食欲】で、それと栄養摂取はまったく関係ないってこと?

 

メンタ「そうです。なぜならエネルギーは脂肪として身体の中にたくさん蓄えられていますし、ビタミンやミネラルが足りなくなったとしても、お腹はすきません。身体のどこかに異常が起きるだけです。」

 

ポチャ子「た・・・確かにそうね。『ビタミンD足りないからお腹空いた~』って思うことはないわ・・・」

 

メンタ「じゃあ、どんな時にお腹が空いたと感じるのか?それは血糖値が下がった時です。」

 

ポチャ子「血糖値!?・・・・ってなに?」

 

メンタ「血糖値というのは、血液内のグルコース(糖)の濃度を示す値で、高くても低くても問題があって、一定レベルに保つような身体のシステムがあります。」

 

ポチャ子「一定レベルに保たれているのに、どうして血糖値が下がって、お腹が空くの?」

 

メンタ「血液内の糖は実は猛毒のようなもので、血管を腐食したりするので、たくさんあると困ります。だから、インシュリンというホルモンを分泌して糖を脂肪に変えて蓄えていくんです。ドバっと血糖値が上がれば、ドバっとインシュリンが分泌されるので、ガツンと血糖値が下がります。そうすると今度は血糖値を上げようと思うわけですね。この時、空腹感や食欲を感じるわけです。」

 

ポチャ子「なるほど・・・。それでどんな時にその血糖値は上がるの?」

 

メンタ「ええ。それは食事をした後に上がります。」

 

ポチャ子「えっ!?それじゃあご飯を食べれば食べるほどにお腹が空くってことじゃない!」

 

メンタ「その通りです。食べれば食べるほどにお腹は空くので、また食べます。また食べるとまたお腹が空くので、また食べます。食べなければ人は死にますし、いつか訪れるかもしれない飢餓状態に備えて身体にエネルギーを蓄えておかなければいけません。これは生命としては自分自身や種を守っていくうえで大切なことで、人間は脂肪を蓄えるのが得意な動物でもあります。だから、ここまで繁栄できたというのもあるでしょうね。」

 

ポチャ子「そ・・・そんな。それじゃあ、私が痩せることは無理ってこと??もう絶望よ!!そんな人間のシステムなんてなければ私は今頃はダイエットに苦しむことなんてなかったのに!!」

 

メンタ「(うわ~重たいな~。めんどくさいな~。)ポチャ子さん、そこまで悲観しなくてもいいんですよ。単純な話で、血糖値をあまり上げなければいいんですから。」

 

続きはまた今度

 

 

とにかく、

お腹が空くというのはただの脳の勘違いで、

食べれば食べるほどにまた腹は減るというお話でした。

 

 

 

ブログランキング参加中

応援のクリックをよろしくお願いします!

にほんブログ村 ダイエットブログ 体質改善ダイエットへ
にほんブログ村

 いつも応援ありがとうございます!!

 

 

よしだ りょう

カラダとメンタル改善パーソナルトレーナー/モチベーター/量子医学セラピスト/飲食店プロデューサー/文筆家/奈良観光マラニックナビゲーター

 

メルマガやオンラインサロンもやっています。

購読希望の方、サロン参加希望の方は skunk.roll@gmail.com までメールをください。

 

 

コレールの走ると食べるセッション参加者募集中です! 

 

 

 

2月17日開催

moshicom.com

 

2月18日開催

moshicom.com

 

 

 

毎月20日は根本治療勉強会をおこなっています。

アトピー、アレルギー、病気、故障、メンタルの弱さなど、

根本から問題解決しませんか?

アトピー・アレルギー根本治療勉強会@奈良

「走る」と「食べる」オンラインサロン

【RUN&EATサロン】メンバー募集中

runandeat.jimdofree.com