走る旅人よしだりょうの自由すぎブログ

36時間の走る旅をしている飲食店オーナー×ランニングコーチのブログです

「メンタルが弱い」のウソ【勘違いランニングメソッド】

f:id:ryoyoshida:20171221234438j:plain

勘違いランニングメソッド

「メンタルが弱い」のウソ

 

前回のまとめ

・未来のことは誰にもわからない

・人はなんの根拠もない「上手くいくわけがない」という未来を信じたがる

・なんの根拠もない「きっと上手くいくはずだ」は信じてはいけないと思っている

・できると信じていることは、できなかったらどうしようとは思わない

・「上手くいくわけがない」と言っていれば、上手くいかない

・「きっと上手くいく」と言って、とにかく今に集中して頑張ってみる

 

 

豆腐メンタルの人はこうやって鋼鉄のメンタルを手に入れてください

 

 

 

あれから2週間後・・・

ラン太「メンタさん、やっぱり私、ダメです。」

メンタ「これはどうも。ラン太さん。こんにちは。どうされたんですか?」

ラン太「やっぱり私、メンタルが弱くて、ダメなんです。」

メンタ「メンタルが弱いんですか?」

ラン太「ええ、そうです。メンタル最弱です。豆腐並みに崩れやすいです。」

メンタ「それは箸でつまむのも大変ですね。」

ラン太「そうなんですよ。だから、この前に計画したトレーニングプラン。12㎞は走れたんですが、14㎞が無理だったんですよ。」

メンタ「どうして14㎞は無理だったんですか?」

ラン太「それが、12㎞過ぎると一気にしんどくなるというか、なんだか辛くてやめてしまったんです。メンタル弱いから・・・」

メンタ「ラン太さん、ひとつお伝えしておきましょう。」

ラン太「な・・・なんですか?」

メンタ「この世の中にメンタルが弱い人なんて、ただの1人も存在していませんよ

ラン太「え?いや・・・でも、私、メンタルくっそ弱いですよ?」

メンタ「それは、ただの、勘違いです。」

ラン太「いや・・・また勘違いですか?でも、事実、私がそう思うんだから、勘違いもクソもないでしょ。」

メンタ「『私がそう思う』というのが、もう間違いなく勘違いですよね。」

ラン太「じゃあ、どうして12㎞過ぎた辺りから急にキツクなるんですか?まさか、これも勘違いって言うんじゃないでしょうね。」

メンタ「言います。それも勘違いです。100%勘違いです。間違いなく勘違いです。絶対に勘違いです。」

ラン太「あぁ!もう!勘違い、勘違いって言い過ぎです!!それなら、どう勘違いなのか証明してくださいよ!」

メンタ「いいでしょう。それでは、ラン太さん、なぜあなたはメンタルが弱いと思うんですか?」

ラン太「えぇ・・・それは、すぐに諦めてしまいますし、辛いって思うことが多いんですよ。逃げてしまうというか・・・。『あぁ、やっぱり今日はしんどいから、ここでやめよう』とか、『雨降っているから走るのやめた』とか『しんどい練習嫌だな~。やっぱりやめておこう』とか、もうそんな感じで全然ダメなんですよ。」

メンタ「なるほど。素晴らしいじゃないですか。」

ラン太「どこが素晴らしいんですか?全然ダメでしょ。」

メンタ「どうしてダメなんですか?しんどいからやめる。雨降っているからやめる。どれもなんの問題もない判断ですよ。」

ラン太「いやいや。それじゃダメなんですよ。練習できないんですから。だから、私は頑張りたいんです。でも、メンタルが弱いから頑張れないんです。それをどうにかしたいんです。」

メンタ「はっは~。ラン太さん、今のランタさんの言葉は私にはこういう風に聞こえましたよ。『私は頑張らない。メンタルが弱いせいにして、私は頑張らない。そうすれば練習しなくてすむ。練習ができなければ、目標が達成できなかった時の言い訳ができる。そう、私はメンタルが弱いだけだ。決して走る能力が低いわけではない。メンタルさえ強ければ、目標は達成できるんだ』という風に。」

ラン太「なっ・・・。そんなことはありません!私はメンタルが弱いせいで練習ができないんです!練習を頑張るつもりは十分にありますよ!!」

メンタ「ほうほう。それじゃあラン太さんにメンタルが強くなる魔法の言葉を授けます。」

ラン太「なんですか?それは?」

メンタ「その前に約束してもらいたいのですが、必ず毎日おこなうと約束してください。」

ラン太「わかりました。約束します。」

メンタ「では、毎日『私はメンタルが強い』と鏡に向かって10回呟いてください。」

ラン太「え?それって完全に狂ったやつじゃないですか!そんなことできませんよ!」

メンタ「ラン太さん。さっき約束しましたよね。必ず毎日やるって。」

ラン太「確かに言いましたけど、そんな姿、家族にみられたら・・・」

メンタ「大丈夫です。誰も見てませんし、気にもしてませんから。安心して呟いてください。」

ラン太「でも、そんなことで本当にメンタルが強くなるんですか?」

メンタ「もちろん。だって、メンタルが弱いというのは勘違いなんですから、メンタルが強いと勘違いすればいいだけなんです。」

ラン太「いや~でも、私は勘違いって思わないんですけど・・・」

メンタ「メンタルが弱いなんて、なんの根拠もないじゃないですか。」

ラン太「根拠ならさっき言ったじゃないですか。」

メンタ「今日はしんどいからここでやめようと思うことですか?そんなの全然メンタルの弱さは関係ないですよ。だって『今日はメンタルが弱いからここでやめよう』って思ったわけではなくて、『しんどいから』ここでやめるんでしょ?

ラン太「え?そ・・・そうですね。」

メンタ「しんどいと思うのはメンタルが弱いからですか?メンタルが強い人はしんどいと思わないのですか?」

ラン太「それは、メンタルが強くてもしんどい時はしんどいと思うと思いますよ。」

メンタ「ほら。だから、メンタルの強さは関係ないんですよ。」

ラン太「騙されませんよ。メンタルが強い人はしんどいと思った時に、それでも頑張れます。でも、私はメンタルが弱いので頑張れない。そういうことです。」

メンタ「いいえ。違います。頑張りたくないだけです。メンタルが弱いからではなく、ただ頑張りたくないだけです。頑張りたくないから、メンタルが弱いという最もらしい理由、だけど、なんの根拠もない都合のいい理由を見つけてきているだけです。」

ラン太「頑張りたくない・・・?こんなに頑張っている私が・・・?違う。私は本当にメンタルが弱いんですよ。そうとしか考えられません。」

メンタ「じゃあ、メンタルが弱いとして、一体いつになればメンタルが強くなるのでしょうか?どうすればメンタルが強くなるのでしょうか?」

ラン太「それを教えるのがあなたの仕事でしょ!」

メンタ「いいえ。違います。ラン太さんが『私はメンタルが弱い』と勘違いしている以上、私にはどうすることもできません。メンタルに強いも弱いもない。誰もがやめたくなればやめるし、やめたくなければやり続ける。ラン太さんはどうすればメンタルが強くなると思うんですか?」

ラン太「それは・・・なにかそういうトレーニングがあるのでは・・・?」

メンタ「そんなものはありません。あるとすればさっき言った、毎日『私はメンタルが強い』と呟くことです。」

ラン太「結局、それですか・・・」

メンタ「そうです。なぜなら、あなたが『私はメンタルが強い』と思った時、あなたはメンタルが強くなるからです。それ以外にメンタルを強くする方法なんてありません。もっと言えば、メンタルに強いも弱いもへったくれもないと気づくことです。」

ラン太「メンタルに強いも弱いもない?」

メンタ「そうです。メンタルの強さなんて、ただの理由として後付けしているにすぎません。走るのをやめたのは、やめたかったから。しんどい時に頑張れないのは、頑張りたくないから。ただそれだけです。それをメンタルのせいにしているだけなんですよ。」

ラン太「本当は頑張りたくないのに、そう認めるのが嫌だから、メンタルが弱いって言っていたのか。確かにそうかもしれない・・・。」

メンタ「そうです。だから、走る理由をしっかりと持っておくことや、なぜ頑張るのかをちゃんとわかっておかなければいけないんです。」

ラン太「私が走る理由や頑張る理由・・・」

メンタ「そうです。それがあれば、ラン太さんはいつでも自分の思うとおりにトレーニングをこなせますよ。」

 

つづく。

 

 

まとめ

・「メンタルが弱い」と思うのは、ただの勘違い

・メンタルの強い・弱いになんの根拠もない

・頑張れないのは、頑張りたくないから

・頑張りたくないのは、頑張る理由が明確ではないから

・「私はメンタルが強い」と毎日10回鏡の前でつぶやくと、メンタルが強いと勘違いできる

 

 

 

 

よしだ りょう

カラダ改善パーソナルトレーナー/モチベーター/量子医学セラピスト/飲食店プロデューサー/文筆家/奈良観光マラニックナビゲーター

 

 

『勘違いランニングメソッド』実践はこちらから。

1月13日開催・「今日から走り始める方」大歓迎

moshicom.com

 

1月14日開催・「今日から走り始める方」大歓迎

moshicom.com

 

1月20日開催・「今日から走り始める方」大歓迎

moshicom.com

 

 

私がオーナーを務めるオーガニックとグルテンフリーの飲食店@奈良

skunkroll.wixsite.com